車検費用を抑えるために今できること

自動車を所有していると、2年に一度車検(継続検査)を受けることが義務付けられています。継続検査の期限が切れている自動車を公道で走行させると違法行為となってしまいます。継続検査を受ける際に一番の悩みとなることが、検査にかかる費用です。実は、継続検査に必要な費用というのは決められています。『自動車重量税』、『検査手数料』、『自賠責保険料』がこれにあたります。これらを法定費用と言います。継続検査の費用を抑えようとするのであれば、この法定費用以外支出する必要が無い方法、すなわち自分で継続検査を受ける方法となります。いわゆるユーザー車検と言われるものであり、この方法で継続検査を受けることが最も費用を抑えられる方法となります。もちろん、業者に依頼する場合と同じ内容の検査を受ける必要があります。

自動車の所有者にとって車検費用は大きな悩み

自動車を所有していると、2年に一度継続検査を受けなければなりません。これは普通自動車であっても軽自動車であっても同様です。継続検査の有効期限が切れた自動車を公道で使用すると罰せられます。しかし、この継続検査を受けるための費用については数万円と大きな支出となります。この継続検査に必要な費用としては『自動車重量税』、『検査手数料』そして『自賠責保険料』といった必ず必要な費用(法定費用)、そして業者に継続検査を依頼する場合の手数料がありますが、これらの費用は自動車の所有者の大きな悩みとなっているのです。さらに、継続検査合格のためにタイヤなどの消耗部品の交換や修理などが必要となってしまった場合には、さらに経費が必要となってしまいます。少しでも経費を抑えたいというのは自動車所有者の誰もが思うことです。

自分で継続検査を受けることこそ費用を抑える方法

このように大きな支出が必要となる継続検査ですが、この費用を抑える方法としては自分で陸運局あるいは軽自動車協会に車を持ち込んで継続検査を受ける手段が一番となります。自分で継続検査を受けることによって、法定費用以外の一切の支出を不要とするのです。この自分で継続検査を受ける方法を『ユーザー車検』と言います。継続検査を自分で受けると言っても、検査ラインを通過するだけの検査ですから誰にでも出来る簡単なものです(初心者は検査担当者が説明してくれます)。ただし、検査は平日のみしか受けることが出来ません。そのため時間的に余裕がある人でなければ無理と言えるでしょう。また、継続検査はあくまでも公道を走行するために必要な最低限の検査です。継続検査に合格したからといって、その後2年間自動車が故障しないという保障は無いのです。そのため、新車製造後ある程度経過している自動車についてはディーラーなどでしっかり整備点検を受けてから継続検査を受けることが重要となります。