車検費用どうやったら抑えられる?

車検費用を安く済ませるためのポイントは自分の車の状態をよく知っておく事が重要です。劣化が進み交換しないといけない部品などはチェックしておきましょう。オークションなどで中古部品を集めるのも費用を抑える手段です。自分で交換できる場合はさらに費用を抑える事ができます。自分で簡単にチェックできるポイントとしてあげられる1つ目はタイヤです。タイヤの溝は1.6㎜以上と決められています。また、スリップサインが出ているとNGです。タイヤの横に亀裂やひび割れがあるのもNGになるので注意が必要です。日頃からタイヤのチェックをし、早めの交換がおすすめです。2つ目はランプ類のチェックです。ベッドライト、ウインカー、ブレーキランプなどが切れているとNGです。ランプ類の交換は比較的簡単にできるので切れてる場合は自分での交換がおすすめです。

依頼する場所はどこがいいか考える

車検を依頼する際に依頼する場所はたくさんあります。場所によって全然違ってくるので場所選びは重要です。1つはディーラーです。ディーラーはしっかりとした整備や保証が充実してますが1番費用がかかります。理由として新品の部品を使用するためです。費用を抑えたい人には向きません。2つ目は民間整備工場です。様々な車種に対応してくれますが、工場によって設備や技術にばらつきがあります。また、土日が休みの場合が多いので対応力に欠けます。ですがディーラーより安く済みます。3つ目は代行ショップです。基本的に整備などは行いません。整備はしなくてもいいという人に向いています。そのため最も安く済ませる事ができます。費用を抑えたい人にはここが1番です。ですが車の状態が悪い場合に整備業務ができない場所もあるので注意が必要です。

ユーザー車検でもっと費用を抑える

費用を抑えたいのであればユーザー車検でもっと安く済ませる事ができます。業者を通さなくても大丈夫です。法定費用のみで、約50000円〜70000円で通す事ができます。ディーラーと比べると半額程度で済みます。また、自分の車の状態を詳しく知る事ができます。状態を知る事で劣化している部品などをチェックできるのでひどい状態になる前に交換が可能になります。その他にも車にかかる税金や保険料にも詳しくなれます。また、車を所持していれば一生続きます。最初は難しくて抵抗があるかもしれませんが、何回も行っているうちに慣れてきます。覚えてくるととても簡単です。車に詳しくない人でも大丈夫です。検査で不適合箇所があると再度受け直す事になり、追加費用がかかる場合もありますが、それでも安いです。費用を抑えたい人はおすすめです。