費用を抑えてかつ安全な車検を行うために

日本では車検制度が法で定められており、普通車であれば新車から3年、その後は2年毎にこの検査を受け、合格した車のみが公道での走行が認められます。一般の整備工場、カーディーラーで主に行われますが、近年ではガソリンスタンドや専門の代行業などの安価に検査が受けられるスタイルの業者も多くなってきました。安く出すのは良いことですが、検査に合格するのみを目的として、しっかりとした整備点検が行われないことへの懸念が持たれます。費用を抑えたかつ安全性が保たれた検査内容でなければいけません。法定であるため、必ず検査を受けなければいけないのですができればお値打ちに済ませたいです。ここからはお値打ちかつしっかりとした検査内容でサービスが提供される業者選びと、作業工程、料金体系など詳しく説明してゆきます。

業者ごとに異なる費用の内訳(法定料金と基本検査料等)

車検費用とは請求金額全体を指しますが、自賠責保険料+基本検査料等で他にテスター代、整備手間、交換部品実費などが掛かるでしょう。法定料金はどの業者に出すにしても、車によって決められた価格で負担が求められるため、請求明細に変わりはないのですが、その他の料金に関して業者ごとに差が出ます。基本検査料等の名目は、点検を行う上で求める費用で、言わば着手金のようなものです。テスター代は5000円程度というのが相場です。交換部品が出れば部品実費と修理の手間が費用に加算されます。修理内容によって費用が異なりますが、普通車であれば法定費用+その他料金は110000円~180000円程度というのが相場となります。近年では、法定料金以外の部分を安く抑えてお値打ちに点検整備を行う業者の人気が高いようです。カーディーラーや整備工場などよりも20%から30%お値打ちと言われています。

お値打ち車検を行う業者の仕組みとは

法定料金以外の基本検査料や部品交換手間などの費用が圧縮できれば検査時の費用負担が少なくて済みます。とは言って手抜きをされれば、検査後に故障の懸念が持たれます。お値打ちかつ安全性を配慮したサービスを提供する業者にはある特徴があります。一つは薄利多売です。市場競争力を付けるために、安く作業を行い、台数をこなします。基本車検料やテスター代、整備手間などの不明瞭な金額を明瞭化し、消費者に分かりやすい料金見積もりを出します。点検整備に関しても、交換の必要がない部位と必要な部位を明確に分け、交換する部品を最小限に抑えることで、無駄な費用負担を無くします。点検項目とは関係ない部分の整備は、オーナーと相談し、予算に合わせた点検整備計画が立てられ、消費者の理解の上で作業が行われます。これによりお値打ちサービスが提供できるのです。