車検を格安で行いたい人へのアドバイス

自動車に乗るための費用の一環として必ずかかってくるのが車検の費用ですが、あまりの高さに驚いた方も多いのではないでしょうか。これまでずっと販売店や家族等から紹介されたお店で作業をしてもらっていて、価格もこんなものなのだろうと思っているのであれば一度見直してみることをおすすめします。少しでも安くしたいのであれば、まずは見積もりを取る事です。一社だけでなく複数の会社で費用がどれぐらいになっているのか見てみれば、かなり差が出ている事に気が付くはずです。そして、その見積もりの内訳がどうなっているのかを確認し、法定費用以外の部分の違いを見比べて、必要な作業かどうかもチェックして無駄のない作業をしてもらえるところで依頼をするようにすればいいでしょう。

費用の構成を理解しておくことが大切です

車検の費用はこれまで言われるがままに、出してそのまま請求書を見て支払うという方も少なくありません。予算内に収まっていてそれで問題ないと思えていたらいいのですが、車種や年代によってはかなり高額になってきます。基本的に費用は自賠責保険や重量税、それに印紙代などで構成されている法定費用と、それ以外の整備や点検、代行手数料などの料金がかかってきています。法定費用はどんなお店でも変わる事がありませんので、金額の違いは残りの部分の作業などで違いが出てくる事が分かります。さらに作業をしてもらう中で、オイルや細かい部品、タイヤなども交換が必要であればその部品代も別途かかってくるので、点検もきちんとしてもらう際にはどうするかもお店側と相談をする事も必要になってくるでしょう。

お店自体の比較もしてみるのもおすすめです

車検の際にはとにかく少しでも安く出したいと見積もりの時も金額面ばかりに目が向きがちです。今は多くのお店が選べますので、作業を依頼する事で他にもメリットデメリットがある場合もあります。例えばガソリンスタンドであれば、ガソリン代を安くしてくれたりすることもありますし、カー用品などのグッズが安くなるなど、お店によってちょっとした違いではありますがサービスもしてくれることもあります。いつもと同じお店で出す安心感ももちろん大切ですが、自動車は維持費もかなりかかってきますので、少しでも安く作業代金を安くしたいと見積もりを取ったり、他のおまけ要素なども比較してみましょう。ただ単に高いと感じていただけの車検ももう少し見直してみたいと思えてくるのではないでしょうか。

車検当日については、受付から清算まで一連の流れを説明しています。 新車初回車検の「はじめてくん」は基本料と検査と事務手数料合わせて1万円。 新聞雑誌、テレビラジオにも多く取り上られています。 バイク車検も立会い車検を実施しています。 完全予約制の立会い車検でおまたせいたしません。 交換部品は6ヶ月、1万キロ保証がついています。 車検の分からないことはしっかりチェック