赤ちゃんの風邪とインフルエンザ

大人でも同じことが言えるのですが、赤ちゃんの風邪を、あなどってみてはいけません。特に冬場は、風邪だと思っていつもどおり過ごさせていたら、熱が上がってきて、よく泣くようになって泣き止まなくなって、病院に連れていったらインフルエンザの検査をされて陽性だった、などということもあり得ます。風邪の症状が出始めたら、家庭での温度・湿度の管理や食事内容などを見直すとともに、はやめに病院に連れて行ってあげましょう。赤ちゃんはマスクなどをして自分で感染を予防することができないので、受診をする際は、可能であれば事前に予約をして指定の時間に行き病院にいる時間を短くしたり、すいている時間帯を狙って行くなどをしてください。熱が出た場合は、嘔吐などがなければ、水分をこまめに与え、医師の指示に従い家庭で様子を見てあげてください。

赤ちゃんが風邪やインフルエンザにかかったら

どんなに予防につとめ、予防接種を受けていても、赤ちゃんが風邪やインフルエンザにかかってしまうこともあります。毎年流行するインフルエンザは、特に、放っておくと重症化をして命を落としてしまうことがあるこわい病なので、様子がいつもと違う、熱が高いなどと異変を感じたら、必ず病院を受診するようにしましょう。体調チェックのポイントはいくつかありますが、いつもお世話をしている保護者の方の「何かおかしい」という直感が、一番確かだと言いますね。しかし、受診をする際、インフルエンザの可能性があるような症状であれば、他の患者さんのことを考え、病院に事前に電話で連絡を入れ、指示を仰ぐのがマナーです。特に、小さな子どもがたくさんいる小児科を受診する場合には、院内感染などを起こしやすいので、どちらの場合にも注意が必要です。

赤ちゃんの風邪やインフルエンザの予防の為に

産まれてから半年くらいまでの赤ちゃんはお母さんからの免疫があるので病気になりにくいと言われています。半年を過ぎたころから風邪などひきやすくなります。風邪なら薬を飲んで暖かくしていれば治ると大人の感覚では考えてしまいますが実際赤ちゃんには強い薬は使えないので治りも悪くなります。また抵抗力が弱いので風邪なども重症化して肺炎などを引き起こすこともあるので注意が必要です。冬の時期には更にインフルエンザも流行します。インフルエンザには潜伏期間があるので症状の出ていないうちに他の子に接触したりして知らないうちにかかってしまうことがあります。こちらも重症化すると入院するような大きい病気になってしまうので注意が必要です。抵抗力の弱い小さいうちは人混みを避ける、帰ったら手洗いを徹底するなど親が率先して子どもを守ることが大切です。またインフルエンザは予防接種が出来ますので、きちんと予防接種を受けて対策をしておくことも重要です。

他には無い有益な情報が高齢出産カテゴリに詰まっています。他には無い有益な情報が赤ちゃんの病気カテゴリに詰まっています。あの抱っこ紐は良いの?あのベビーカーは良いの?そんな悩みを解決する本音レビュー。ワクチン毎の効果や打つ時期を詳しく解説しています。おしるし→陣痛→破水という一連の流れを事前に学び、慌てる事なく出産を迎える準備をするカテゴリ。赤ちゃんの風邪 とインフルエンザの対策はこちら